おしらせ

学術情報最前線

学術情報最前線

学術情報最前線では、学術論文、電子ジャーナル、出版社等に関わる情報をお知らせします。
以下のウェブサイトもあわせてチェックしてください。
カレントアウェアネス テーマ:学術情報(国立国会図書館提供)
カレントアウェアネス テーマ:学術情報流通(国立国会図書館提供)
科学技術情報の今を知る(科学技術振興機構提供)

2015年度

[2015.05.07]
研究不正を避けるためにあなたはどう行動する? ―科学技術振興機構、研究倫理映像教材「THE LAB」日本語版を公開

2013年度

[2014.01.22]
高エネルギー物理学分野(High Energy Physics: HEP)のキージャーナルをオープンアクセスにする試みが正式スタート

[2013.11.22]
国家レベルでのオープンアクセス化推進施策が相次いで発表

[2013.11.13]
【新サービス登場】生物学分野のプレプリントサーバー"bioRxiv"、登場(情報管理Web, 2013/11/13付け より)

[2013.11.08]
【ScienceDirect】ScienceDirectのバージョンアップがありました。オープンアクセス論文であることがすぐわかるようになったとのことです。

[2013.11.07]
【Web講習会情報】読み手にインパクトを与える化学論文を書くコツは? Asian JOC編集幹事がウェブセミナーで教えます(11月7日夜・無料)(ワイリー・サイエンスカフェ, 2013/9/30付け より)


2012年度

[2013.01.23掲載]
 News14:論文アップデートロゴ "CrossMark"で文献の更新状況を確認することができます。


[2012.07.18掲載]
 News13:ScopusとWeb of Science:引用データベース収録ジャーナルの選定基準について


2011年度


[2011.07.15掲載]
 News12:リサーチフロント(最先端領域)は、このようにして生まれる - Top Research Fronts in Materials Science から


[2011.04.05掲載]
 News11:質の高い基礎研究に関する指標? - ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)がNature及びNature姉妹誌に掲載された論文の数に基づいて作成されたランキング(Global Top 50とAsia-Pacific Top 200)を発表


2010年度

[2011.02.24掲載]
 News10:研究に役立つアプリケーションを選択してScienceDirect や Scopus を自分用にカスタマイズできる ― エルゼビアの新プラットフォームSciVerse


[2010.12.14掲載]
 News9:進化する電子ジャーナルPart 2 ― SciVerse ScienceDirect にタンパク質の立体構造を視覚化、回転など操作も可能なProtein Viewer を搭載


[2010.11.04掲載]
 News8:ついに現る"論文のオンライン・レンタルサービス"1論文$0.99― 米国DeepDyve 社


[2010.11.01掲載]
 News7:進化する電子ジャーナルPart 1 ― 論文単位 (Article-Based Publishing) のonline公開により出版プロセスがスピードアップ


[2010.10.07掲載]
 News6:Webテクノロジーを駆使した未来の論文―電子ジャーナルのVisual Impactの向上 雑誌Cell の取組み“Article of the Future“から


[2010.08.05掲載]
 News5:投稿論文にまん延するPlagiarismを見破るのは査読者からソフトウェアに~Nature no.7303 7月8日号から


[2010.04.14掲載]
 News4:トムソン・ロイター社が論文の引用動向からみる日本の研究機関ランキングを発表


2009年度

[2010.03.10掲載]
 News3:回答者の90%が「学術コミュニティの一員としての役割を果たすため - Q.査読を行う理由」(Peer Review Survey 2009から)


[2009.12.11掲載]
 News2:エルゼビア社の「英文論文投稿の手引き(Author Pack)」の日本語版が作成されました。


[2009.12.11掲載]
 News1:Springer社が英語論文執筆支援ツールを無料でサービス公開しています。


pagetop

【 室蘭工業大学附属図書館 】 住所 / 〒 050-8585 北海道室蘭市水元町27-1 TEL / 0143-46-5189(代表)  > 交通アクセス